こまつ鍼灸院

頚椎症、頚椎ヘルニア治療について知っていただきたい事のご紹介です。頚椎症性神経根症を始め、すべての頚椎症の方にお仕事・各種スポーツでしてはいけないことなど、わりやすく説明しています。治療のことなどで、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

こまつ鍼灸院は頚椎症や頸椎ヘルニアなどの頚椎症の全ての治療を手掛けています。患者の症状や要望によって治療方法は異なりますが、基本的には3つの施術が用いられます。小松式高麗手指鍼療法は中指の一点にある頸椎のツボにアプローチする方法です。そのツボに極細の針を浅く刺し、症状の治癒を図ることになります。当院の院長は、この療法によって自身の頚椎症を治しています。次に挙げる低周波置鍼療法は、通常の針治療に電気を使います。電気を使うと言っても、整骨院などで用いられる強い刺激ではありません。刺された針が一定の間隔で振動する程度なので、患者は負担を感じる心配がありません。当療法によって筋肉が解れ、過敏になっている神経が緩和されます。そして三つ目の療法として、マイクロカレント治療器及びEMS治療器が挙げられます。マイクロカレントは手足の痺れに効果を発揮します。痺れというものは、大まかに言えば頸椎を通る神経の伝達異常から起こります。手や足が突然痺れたりするのは、そうした神経の伝達異常に由来することが殆どです。特に慢性的な痺れは、装置の治療が肝心になってきます。当院にある治療器は、身体の生体電流にアプローチして細胞レベルでの神経修復を図ることが可能です。これらの3つの療法を組み合わせることで、頸椎疾患の全般に対して効果的な治療を行えます。こまつ鍼灸院の治療方法が推奨されるのは、何よりも安全性が高いからです。頸椎には血管や神経が密集しており、直接的な外科手術は相当なリスクが伴います。一方、当院の治療はそれらの神経には一切触れずに、症状の治癒を図ることになります。鍼灸治療は多くの患者にとって馴染みが薄いですが、確実な治療成績を積み上げています。但し、日本の鍼灸院の中には、腕の良い施術者ばかりではありません。それ故、鍼灸院を選ぶ際には実績を良く確かめて訪れることは大切です。こまつ鍼灸院はホームページで、治療実績を掲載しています。それだけ、治療に関して自信がある証だと言えます。
Tagged on: , 全ての頚椎症(頸椎症)の方に知っていただきたい事 |頚椎症(頸椎症)治療ならこまつ鍼灸院 | 東京都練馬区 石神井公園駅南口徒歩3分