さきさかクリニック

長瀬駅で内科・消化器・糖尿病・循環器・呼吸器など診療を行っている東大阪市「さきさかクリニック」です。地域の医療と健康を支えるために昭和17年に開院致しました。約80年の歴史から得られたノウハウで、的確で持続可能な医療を提供します。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

現代は不規則な食生活、運動不足、ストレスなどが原因で、消化器系の病気や循環器の病気に罹る人が増加しています。食事をするとげっぷが出たり、胃に痛みや軟便などで悩んでいる人が少なくありません。長瀬駅の内科クリニックは、地域に密着をしているので、親切で丁寧な応対の医療スタッフが在籍をしています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気の疑いがある場合は、精度の高い内視鏡検査を受けることが出来ます。胃カメラやバリウムなどの検査に比べると、小さな病変部分を早期に発見が出来ます。現代は経鼻などの体に負担の少ない内視鏡検査も行っているので、胃カメラが苦手な人も安心です。現代は不整脈や高血圧、狭心症などの病気に罹る人が増えています。高血圧はサイレントキラーとも呼ばれており、重篤な病気を併発することがあります。長瀬駅の内科クリニックでは、最新の医療機器を導入しているので、心臓病を早期発見が出来ます。基本的には内服薬による治療が中心になります。現代は仕事で忙しい人が増えていますが、土曜日は午前中の診療を行っているので、忙しい人も通院がしやすいです。平日は午後の診療を行っているので、アルバイトや仕事の帰りに通院がしやすいです。口コミでも評価の高い内科クリニックなので、衛生管理を徹底しており、感染症対策を万全に行っています。プライバシー保護を重視しているので、安心して通院が出来ます。日本人は糖尿病予備軍や糖尿病の人が増えているので、定期的に尿検査や血液検査を受ける必要があります。尿の量が増えたり、視力の低下、体重の減少、疲れやすさなどで悩んでいる人は、糖尿病の可能性があります。長瀬駅の内科クリニックでは、症例数を多く取り扱っている医師が担当します。糖尿病は血液中の血糖値が上昇する病気なので、内服薬を服用することがほとんどです。症状が悪化するとインスリン投与などが必要になることがあります。病気に関する不安や悩みを相談しやすいです。
Tagged on: , 長瀬駅の内科・消化器・糖尿病は東大阪市「さきさかクリニック」