Qrark


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

クラークは、倉庫と荷主を繋げるクラウドサービスです。インターネットに接続できる環境さえあれば、手元にあるパソコンやタブレットを使用して、簡単に在庫の管理ができます。クラウドなので実際に荷物が保管されている倉庫と管理する荷主、配送を行うスタッフとの連携が瞬時に取れます。そのいずれかで変更があった場合も、すぐにデータに反映されるため、変更されるのを待つ必要がありません。さらに、情報の行き違いによるミスも未然に防げます。そんなクラークの管理の方法はいたってシンプルで、箱に貼られているバーコードをハンディターミナルで読み取るだけです。そして、間違いなく読み取れたかどうかは、端末側の振動や音に加えて、メッセージで確認できます。そのような読み取るだけでの動作で済むため、作業のスピードが上がるでしょう。バーコードは運搬や入庫だけでなく、入庫後の棚入れ時にも活用可能です。さらに、どの棚に入れたかの位置情報や品数も一緒に登録しておけるため、どこに保管していたかわからないということになりにくいです。また、管理する単位も必要に応じて変更可能です。商品1点単位やひと箱だけでなく、複数の箱をまとめたものを1単位にすることも可能です。そして、同様の商品で品番が同じだった場合、色やサイズの違いなどで最大5つまで情報を分けられます。その管理はあくまでもバーコードで機械的に行うため、見た目が似ている商品であってもしっかり区別することが可能です。スタッフが自身の目で判断するのではないため、間違った商品を送ってしまうトラブルを防げます。その管理するデータは、複数の形式で管理可能です。情報を表ソフトや画像など色々な形でやり取りできるため、納品先で求められた形式にも対応しやすいでしょう。また、クラークで負担が減るのは、管理作業だけではありません。伝票や運送会社の代金に関するデータ管理も一括で行えるので、事務の負担も少なく済みます。