株式会社日本システムプロジェクト

配膳ロボット導入によりホールスタッフの往復、移動を減らし、限られた人員の 有効活用を実現。株式会社日本システムプロジェクトはKeenonRoboticsが認めた 唯一の日本総代理店です。飲食業界以外にもオフィス、ホテル、病院など様々な 面で運用が可能。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

飲食店を経営しているときに、調理をする人だけでなく完成した料理を配膳する人が必要になります。経営を成功させるときに人件費の部分を上手く削減することが求められますから、料理を配膳する仕事をロボットにアシストして貰うのが賢い考え方です。株式会社日本システムプロジェクトからフロアーロボットを導入すると、一気に人件費を減らすことができます。株式会社日本システムプロジェクトのフロアーロボットは料理や飲み物を運ぶだけでなく、片付ける作業までを任せることができます。フロアで必要になる人の作業を軽減することができますから、飲食店で雇う人員を安心して減らすことが可能です。高精度の屋内ナビゲーションを実現しているので、複雑な屋内環境でも長期間安定して運用できるのが嬉しいポイントになります。ロボット自体にAIが用いられているので、喜びや悲しみなどの感情をロボット自身が表現してくれるので、お客さんや従業員と上手にコミュニケーションが取れるようになっています。音声ガイダンス機能があるので、人とのコミュニケーションを音声を通じても取ることができますし、タッチパネルを使用することで簡単に配膳先などを設定することが可能です。お店の中で複数のロボットを稼働させている場合は、ロボット同士で位置を把握することができますから、最短ルートで配膳や片付けを実現してくれます。飲食店での利用だけでなく、病院や図書館の他にオフィスなどでも上手に運用していくことができるので、幅広い職場で活躍してくれるのが魅力的です。フロアーロボットには抗ウイルス処理がされていますから、料理や飲み物を配膳するときの衛生面も安心できます。抗ウイルス処理には無色透明で無臭の液体を利用しているので、料理などに臭いが付着するような心配もありません。ロボットのボディー部分をメニュー紹介などに利用することもできますから、導入したお店で自由な使い方ができるのも素敵です。
Tagged on: , 配膳ロボット・フロアーロボット「PEANUT」|日本システムプロジェクト